本協会について

北杜市スポーツ協会>> 北杜市スポーツ協会について

会長あいさつ

本協会は平成17年4月に旧8町村体育協会の合併により設立されました。北杜市におけるスポーツ活動の普及及び生涯スポーツ文化の発展と健康で明るく豊かな市民生活の育成に寄与すると共に相互の親睦を図ることを目的に運営をしています。
組織構成は各町にあります8支部と32競技専門部、13種目36団体のスポーツ少年団が加盟し組織されています。また、令和2年度に名称変更を行い北杜市スポーツ協会として新たにスタートをしました。また、平成28年7月に一般社団法人北杜市体育協会を設立してスポーツ協会の事業と併せ、大泉体育館・格技場・ゲートボール場の施設の指定管理を受け、新たな活動を推進しています。
本協会としての主な活動内容は市体育祭り・市スポーツレクリエーション祭・市内駅伝競走大会・ノルディックウォーキング等の事業をおこなっています。
各支部においては、地域の特性を活かした支部体育祭り支部駅伝競走大会・支部球技大会・支部グラウンドゴルフ大会等地域と密着した様々な活動をしています。協議専門部においては競技力の向上を図りながら市体育祭り・県体育祭り・駅伝競走大会等多くの大会に出場しチャンピオンフラッグを目標に活動をしています。また、スポーツ少年団においては本部長を中心に子供達の体力の向上・競技力の向上はもとより、健全なる心身の育成等多方面にわたって取り組みを行っています。
今後も市民の皆様一人ひとりがそれぞれのライフスタイルに応じた、健康で明るく豊かなスポーツ活動ができますよう役員一同取り組んで参りますので今後とも引き続きのご支援をお願い申し上げ、挨拶といたします。                                             
                                 

沿革

平成16年11月1日に、北巨摩郡の明野村、須玉町、高根町、長坂町、大泉村、白州町、武川村の7町村の合併に伴い、各町村体育協会役員を中心とした北杜市体育協会設立準備委員を設立し、計8回の設立準備委員会を経て、平成17年4月2日に北杜市体育協会として設立しました。

平成18年4月には平成18年3月15日の小淵沢町の合併により、小淵沢町体育協会が新たに加盟し、8支部・28専門部・北杜市スポーツ少年団が加盟団体として活動を始めました。

スポーツ協会の活動

北杜市スポーツ協会は、北杜市における体育スポーツ活動の普及及び生涯スポーツ文化の発展と、明るく豊かな市民生活の育成に寄与するとともに相互の親睦を図ることを目的として事業を展開しています。

スポーツ少年団について

北杜市のスポーツ少年団は平成17年に北杜市体育協会内に本部を創設し、野球・サッカー・バレー・ミニバス・卓球のほかにも、レスリング、少林寺拳法、スケートなど、特色のある単位団も登録しています。

また、平成19年には北杜市スポーツ少年団指導者連絡協議会を創設し、平成20年から独自で指導者研修会などの指導者育成事業を開催しています。

組 織

会   長 - 浅川 幸彦
副会長 - 山田 輝夫 ・坂本 肇・高橋 勝彦・清水 より子・加藤きくじ
理事長 - 小針 長男
副理事長 -三井 一男 ・志村 清・古屋 昭彦・清水 伴正
      斎藤 徹 ・堀内 弘・跡部 元